プリザーブドフラワーの魅力とは

プリザーブドフラワーとは水やりが必要がなく、水を与えなくても花が咲き続けることができる花のことです。
生花と見た目は変わらず、みずみずしさも残っており乾燥している感じはありません。
長期間楽しむことができ、その美しさを保つことができるため、見ているだけで癒されるだけでなく、手入れもいらないことから人気が高まっています。
生花は綺麗ですがお手入れが必要であり、数日間で枯れてしまいます。
生花は花瓶の中で鑑賞するものですが、色もカラフルで綺麗なものがさまざまであり、水が必要ないということから、壁にかけることができたり、インテリアとして楽しむことができるのです。
最近では母の日・ホワイトデーなどプレゼント用としても人気が高まっており、シチュエーションによったプリザーブドフラワーが人気を集めています。
保管方法としては、直射日光が強くあたる場所には置かないようにすることで長期間保存することができます。
直射日光は色落ちや乾燥の原因となってしまうので場所に注意する必要があります。
その時の思い出やプレゼントが長期間残り、花を見るだけでその日のことを思い出せるプリザーブドフラワーはこれからもますます人気となるのではないでしょうか。

水やりの必要のない生花プリザーブドフラワー

女性への贈り物で喜ばれる花ですが、いただいた側はせっかくのきれいな花があっという間に枯れてしまうことを残念に思うことがあるでしょう。
そんなとき、枯れない花として近年人気なのが、プリザーブドフラワーです。
プリザーブドとは「保存された」という意味を持ち、1990年代にフランスの企業が世界で初めて作成し、ヨーロッパ中に広まったものです。
生花の中に含まれる水分を一度抜き、グリセリンを含む特殊な加工液に浸して乾燥させて作られます。
ドライフラワーのようにただ乾燥させるだけであると、しわしわで枯れたような状態になりますが、プリザーブドフラワーはまるで生花のようなみずみずしさを保った状態で色褪せることもありません。
あくまで生花の特殊加工なので、永遠にその品質が保たれるわけではありませんが、いわば「水やりの必要のない生花」を長い時間楽しむことができます。
加工技術自体は花以外の葉や枝にも適応できるため、アレンジメントなどの種類も豊富に、好みのものを組み合わせてコーディネートすることも可能です。
また、プリザーブドフラワーは加工によって花粉が取り除かれているので、いままで花粉のせいで花が苦手だったという人にも花を楽しんでもらうことができます。


recommend


雨漏りを東京で直す




最終更新日:2019/8/2

『プリザーブドフラワー』 最新ツイート

@sohoboxkitahama

【8/26の良かった探し】   1 サロン会員さまが私の代わりに見学者へ説明いただく。うちの会員は全員最高 2 年に数回しか来ない会員様が数人来社。ありがたい 3 長年の友人と美味しいランチ。フラワーリストとして大きく成長され… https://t.co/FD2vZCflnQ

13分前 - 2019年08月26日


@trg_happy

ハンドメイドを一部辞めるにあたり、集めまくった素材をどうするか考えねばならぬ。プリザーブドフラワーとか細々もらって嬉しい人いるのかしら。

22分前 - 2019年08月26日


@ayu1121

ミニミニ天然石ハーバリウム。高さ6センチの可愛い手のひらサイズです!小さいけれどちゃんと天然石も入っています♪お好なカラーをお選びください☆ #ハーバリウム #ミニハーバリウム #プリザーブドフラワー #ドライフラワー… https://t.co/DFouLkWsPI

32分前 - 2019年08月26日



このページの先頭へ▲